スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フランスパン作りに必要な小麦粉からインスタントドライイースト、モルトパウダー、ゲランドの塩、クープナイフに至るまで購入可能な↓ お菓子材料の店【クオカ】(手作りパン応援サイト【ベイキングデイズ】)
☆ブログランキングに参加中。クリックの応援お願いします☆
FC2ブログランキングへFC2ブログランキングへ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ルヴァンリキッドの管理について 

ルヴァンリキッドの作り方は随分と本で見れるし、ネットでも検索できるので今回はルヴァンリキッドの管理について僕なりに少しコメントしておきます

ルヴァンリキッドですが基本的には4日前後で使い切ったほうが良いそうです

ただ、また起こすのも面倒だしということで僕の場合は冷蔵庫の一番冷えているところ(4度以下)に置いて管理しています


乳酸菌は10度以下で活動停止、パン酵母は4度以下で活動停止

乳酸菌は酸素がなくても活動し続けます、乳酸発酵が行われると乳酸(あるいは酢酸も)が生成され酸味(酸っぱさと言っていいのかな)が強くなっていきます

パン酵母は活動していればアルコール発酵を続けていくので、そのまま続くと当然アルコール臭が必要以上に強くなっていきます

なので4度以下であれば乳酸発酵もアルコール発酵も停止した状態なので余計な物は基本的には生成されないと思っています


ただ、そうは言っても家庭の冷蔵庫なので開け閉めは当然あり4度以下が保たれている保障はないし、余計な菌が入っていないとも言い切れないので一応5日間隔で継ぐようにはしています

乳酸菌、パン酵母は菌としては強いそうなのでしっかりしたサワー種が出来上がっていれば余計な菌が入ることは少ないそうですが。。。

また、パン作りで使用した場合にはその日、もしくは翌日には継ぐようにしています

かれこれルヴァンリキッドを起こして1ヶ月以上経ち、上の管理方法で行っていますが、必要以上の酸味もアルコール臭も感じずに使用できています

あくまでも僕の場合ね


スポンサーサイト


フランスパン作りに必要な小麦粉からインスタントドライイースト、モルトパウダー、ゲランドの塩、クープナイフに至るまで購入可能な↓ お菓子材料の店【クオカ】(手作りパン応援サイト【ベイキングデイズ】)
☆ブログランキングに参加中。クリックの応援お願いします☆
FC2ブログランキングへFC2ブログランキングへ

[ 2008/09/30 14:04 ] ルヴァンリキッド | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。