スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フランスパン作りに必要な小麦粉からインスタントドライイースト、モルトパウダー、ゲランドの塩、クープナイフに至るまで購入可能な↓ お菓子材料の店【クオカ】(手作りパン応援サイト【ベイキングデイズ】)
☆ブログランキングに参加中。クリックの応援お願いします☆
FC2ブログランキングへFC2ブログランキングへ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

PYREX (パイレックス) 


先週土曜日に「八景島シーパラダイス」へ

ただいま、クリスマススーパーイワシイリュージョン開催中

いわしが5万匹、ただそれ見てるだけでも結構圧巻ですが、そのいわし達がイリュージョンを...

クリスマスツリーを作ってくれます(笑)

そのあとは、ちょっと車を走らせて葉山へ

向かった先は プリン&カフェ 「マーロウ葉山店」

こだわりカスタードプリンが、特注PYREX(R)の容器に入って売ってます

200ccまでの目盛りがついているので、食べた後は計量カップとして使えるアイデア商品!?でしょうか

16種類のプリンがありますが、「フレッシュクリームプリン」がお勧めです

スポンサーサイト


フランスパン作りに必要な小麦粉からインスタントドライイースト、モルトパウダー、ゲランドの塩、クープナイフに至るまで購入可能な↓ お菓子材料の店【クオカ】(手作りパン応援サイト【ベイキングデイズ】)
☆ブログランキングに参加中。クリックの応援お願いします☆
FC2ブログランキングへFC2ブログランキングへ

[ 2009/12/17 15:51 ] ブログ | トラックバック(-) | CM(4)

シュトーレン 2009 


中種法でシュトーレン(2本)を作ります

最初に言っておきますが、レシピに正解はありません

ネット上や本、雑誌に様々なレシピが転がってますが、これが正解ってものはありません

迷ってしまいますよね

多分どれも美味しいと思います

なので、一度作ってみて気に入ればレシピを改良して自分好みししてけばいいし

でなければ、全く違うレシピを試してみるのも手です

さて、本題↓



フランスパン作りに必要な小麦粉からインスタントドライイースト、モルトパウダー、ゲランドの塩、クープナイフに至るまで購入可能な↓ お菓子材料の店【クオカ】(手作りパン応援サイト【ベイキングデイズ】)
☆ブログランキングに参加中。クリックの応援お願いします☆
FC2ブログランキングへFC2ブログランキングへ

[ 2009/12/10 12:37 ] 中種法 | トラックバック(-) | CM(3)

シュトーレン 

シュトーレンを焼く季節がやってきました

最近好きな焼き方は生地を作った後に半分に分け

ひとつはドライフルーツやナッツを混ぜ込み

残りの生地は皮用としてそのままにし、成形時に包んで棒状で焼き上げます


皮生地をまかないと外に出たドライフルーツが焦げて苦い

形は伝統的なシュトーレンになりませんが、こっちが美味しい

分量としては皮生地100g~120g

中身の具を混ぜ込んだ生地は200g~250g程度でしょうか

具を100%以上混ぜ込む時は普通に練りこんでもなかなか混ぜ込めないので

平たく伸ばした生地に具4割を乗せて三つ折

また少し平たく伸ばして具4割を乗せて三つ折

その後、カードで半分に切って積み重ねながら残りの具を混ぜていきます

この時、具に軽く粉を振っておくと混ぜ込みやすいと思います


パン作りをしていると具をたくさん詰め込みたくなるのは私だけでしょうか(笑)

ドライフルーツはたっぷりの洋酒に漬け込んだものを使用し

(私は夏からドライフルーツをラム酒、ブランデーを合わせたものを)

ナッツは好きなものをアーモンド、ウォルナッツ、マカダミアンなど

ナッツの混ぜ込みが多い時には、軽くローストした後に洋酒などに

これも漬け込んでおかないと、ナッツが水分を取り込んで食べた時に

思っている以上にパン生地がぱさつく感じが出てきます

主に中種法で作ると思いますので、これと一緒にナッツの下処理をしておいた

方がいいと思います


あと焼き上げ後に澄ましバターを塗ると思いますが

家庭でやる場合には雑誌や本のように

「澄ましバターが入ったボールに浸して」

なんてもったいない使い方は出来ないので刷毛で塗ってきます

その後、澄ましバターを塗ったシュトーレンを冷凍庫へ30分以上入れて

冷えたシュトーレンにもう一度刷毛で澄ましバターを塗ってあげると

今度はバターが生地に吸い込まれないで表面で固まります

しっかりバターの層を作ってあげたら全体にシュガーをまぶして、最後に粉砂糖

ラップに包んで置いてあげれば美味しいシュトーレンの出来上がりです


あとは好みでホイロ時間を短くしたり、長くしたりして固めの食感や

ふんわりの食感にしたりして楽しんでは如何でしょうか?

但し伝統的な半分に折るやり方だとホイロが長いと形が崩れるのでやめた方が

いいでしょうね


だらだら書いてしまいましたが、頑張りましょう♪



フランスパン作りに必要な小麦粉からインスタントドライイースト、モルトパウダー、ゲランドの塩、クープナイフに至るまで購入可能な↓ お菓子材料の店【クオカ】(手作りパン応援サイト【ベイキングデイズ】)
☆ブログランキングに参加中。クリックの応援お願いします☆
FC2ブログランキングへFC2ブログランキングへ

[ 2009/12/02 10:48 ] パン雑学 | トラックバック(-) | CM(3)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。