スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フランスパン作りに必要な小麦粉からインスタントドライイースト、モルトパウダー、ゲランドの塩、クープナイフに至るまで購入可能な↓ お菓子材料の店【クオカ】(手作りパン応援サイト【ベイキングデイズ】)
☆ブログランキングに参加中。クリックの応援お願いします☆
FC2ブログランキングへFC2ブログランキングへ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

カンパーニュの実験 


更新をさぼっていたのでもうひとつ

レーズン液種、ルヴァンリキッド+サフ赤で作ったカンパーニュ

DSC01598.jpg



レーズン液種とルヴァンリキッドを加え混ぜた生地の発酵時間がどんなものだか想像がつかなかったので(というかあまり自分が立ち入らない領域だったので)、心配性な私はサフ赤もちょびっと混ぜて発酵させるつもりが発酵させすぎちゃいました

『酵母から考えるパンづくり 』がお手元にある方は、そのなかのカンパーニュレシピを参照してください

本のレシピに書かれてるレーズン液種とルヴァンリキッドの量では発酵させる自信がなかった私はレーズン液種5%、ルヴァンリキッド1%、サフ赤0.05%でやってみました





ミキシング後に生地をボールに入れて発酵器へ

レシピの発酵温度は確か20℃16時間?ここ最近の気温は毎日30℃超え、氷のブロックも発酵器に一緒に入れてご就寝

翌日、たっぷりおやすみしたので12時間後に見たら発酵のピークはすでに過ぎてしぼみ始めてました

発酵器に置いてある温度計見たら28℃(ガーン)

サフ赤も余計だったし、レーズン液種とルヴァンリキッドも加え過ぎのようです


どうしようか悩みましたが、折角ですのでホイロを短めにして焼きました

DSC01602.jpg


香り・・・レーズンの香りは充分すぎるほど香ります
お味・・・やはり酸味がちょっと強いかな~
焼き色・・・一次発酵は発酵させすぎちゃいましたが、ホイロを短めにしたのでそこそこ綺麗に焼きあがりました
ボリューム・・・もっと欲しい~

サフ以外の酵母とのお付き合いはなかなか難しいものです

けれど、そこがまた面白くもありやってみたくもなります

あとはどう自分の生活スタイルに合わせてパンを焼くかが一番の問題ですね~



スポンサーサイト


フランスパン作りに必要な小麦粉からインスタントドライイースト、モルトパウダー、ゲランドの塩、クープナイフに至るまで購入可能な↓ お菓子材料の店【クオカ】(手作りパン応援サイト【ベイキングデイズ】)
☆ブログランキングに参加中。クリックの応援お願いします☆
FC2ブログランキングへFC2ブログランキングへ

[ 2007/08/28 10:22 ] 直焼き | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bakerybakery.blog92.fc2.com/tb.php/158-e18d565d






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。