スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フランスパン作りに必要な小麦粉からインスタントドライイースト、モルトパウダー、ゲランドの塩、クープナイフに至るまで購入可能な↓ お菓子材料の店【クオカ】(手作りパン応援サイト【ベイキングデイズ】)
☆ブログランキングに参加中。クリックの応援お願いします☆
FC2ブログランキングへFC2ブログランキングへ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ウィンナーはお熱いうちに 



まず最初にロールパン

ロールパンの形と巻き筋が割れてくるという事に注目してのパン作り

製法は70%中種法です

今回は下火を弱くするために天板を重ねて焼いてみました

こうすると下に窯伸びして巻き筋が割れてこないんではないかなと。。。


あと焼成ですが、いつもだと我が家のオーブンでは210度に予熱して、そのまま10分~12分ほど焼きますが、今回は余熱250度にして、生地を入れてから210度に落として焼いてみました

テーブルロールの場合ね


では、早速見てみましょうか?


DSC01869.jpg



やっぱり、よく伸びる生地なので段々はなくなってラグビーボールになりました

けど、巻き筋は割れてないでしょ?





こちらが底の写真

DSC01870.jpg



前回より焼き色が薄くなっているので、下火が弱かった事になります

けど、けど、幾分底が浮いてきてしまっているので、これだと下火がちょっと弱いということになりますね

味的には天板一枚、見た目は天板二枚。。。

とにかく下火を弱くすれば解決できそうですが、ここからはもう微調整になってしまいますね


ロールパンの山々を残すですが、実は中種の伸びが悪くなるように普段本捏ねで加える塩を中種にわざと加えてみましたが、それでも駄目でした

本捏ねも前回より短くもしてみたんですけどね


あとはストレート法でやるか

このロールパンのレシピに加わっていない薄力粉を強力粉と幾分置き換えてみるかなのかな


ただそれだと自分好みから外れてしまうので、気が向いた時にまた違った方法で作ってみますね



さて、それとは別に同じテーブルロール生地で作った惣菜パン

ウィンナーのとハムマヨコーンのを作りました

ハムがちょっと厚過ぎて生地がはじけちゃいましたが(^^;

DSC01874.jpg


お~、パンは少し置いておいた方が美味しいけれど、このウィンナーのパンだけは熱々で食べる方が旨い!


スポンサーサイト


フランスパン作りに必要な小麦粉からインスタントドライイースト、モルトパウダー、ゲランドの塩、クープナイフに至るまで購入可能な↓ お菓子材料の店【クオカ】(手作りパン応援サイト【ベイキングデイズ】)
☆ブログランキングに参加中。クリックの応援お願いします☆
FC2ブログランキングへFC2ブログランキングへ

[ 2007/10/24 21:25 ] 惣菜パン | TB(0) | CM(2)

お見事です!

柏木さん、こんばんは♪
仮説を立てて、実験結果がその通りになると
かなり気持ち良いのではないでしょうか(笑)
すごい、お見事です。
やはり下火が強いと上に伸びる・・・の逆をすれば
上への伸びが抑えられるんだぁ。
後はほんとに微調整の世界ですね。
やはり理論がきちっとわかっていると、自分でいろいろ
コントロールできるようになるのね。
私もがんばります!
早くもっといろいろ試してみたいなぁ。
今週末はゴタゴタしていて、来週になってしまいそう
ですが(ぐすん)・・・。
ウィンナーパン、ヤケド覚悟でガブリとしてみたいです。
[ 2007/10/25 18:50 ] [ 編集 ]

ミシューママさん♪
取りあえずひび割れは火力の調整でなんとかなりそうですね~
あとは天板を置く位置(上段、下段)によっても火力が変わるかも知れませんね
よく言われているようにオーブンの癖を知る事は大事だと思いました

それと70%中種ですが今度は手捏ねでまたロールパンやってみました
でも山々なくなっちゃいました
ふわふわの山ありは難しい。。。(^^;

[ 2007/10/26 09:48 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bakerybakery.blog92.fc2.com/tb.php/180-66c2f529






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。