スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フランスパン作りに必要な小麦粉からインスタントドライイースト、モルトパウダー、ゲランドの塩、クープナイフに至るまで購入可能な↓ お菓子材料の店【クオカ】(手作りパン応援サイト【ベイキングデイズ】)
☆ブログランキングに参加中。クリックの応援お願いします☆
FC2ブログランキングへFC2ブログランキングへ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

また値上げですか!? 


また平成20年10月に小麦粉が20%超値上げされる事がほぼ確実となったそうです

なんでまたこう度々値上がるようになってしまうかと調べてみると

詳しくは「財団法人 製粉振興会」のホームページを見て頂けると分かるかと思いますが

<抜粋>
外国産小麦の政府売渡価格は、この法律の一部改正により、今まで政府が年間固定の売渡価格を定める標準売渡価格制度が廃止され、過去の一定期間における買入価格の平均値に、年間固定のマークアップを上乗せした価格で売り渡す価格変動制とされました。従って、小麦の国際穀物相場・海上運賃や為替レートなどの動向に連動して売渡価格は変動することとなります。

だそうです

要は今まで固定価格だったものが変動価格になったと。。。

年間価格改定回数は年2回(4月、10月) と決められているので、また10月に値上げになると

本来、変動価格になれば当然安くもなっていい訳ですが、値上げもこの先続きそうな感じがします


寿司屋さんの大トロではありませんが、パンの値段もいずれ時価になるのでしょうか?


スポンサーサイト


フランスパン作りに必要な小麦粉からインスタントドライイースト、モルトパウダー、ゲランドの塩、クープナイフに至るまで購入可能な↓ お菓子材料の店【クオカ】(手作りパン応援サイト【ベイキングデイズ】)
☆ブログランキングに参加中。クリックの応援お願いします☆
FC2ブログランキングへFC2ブログランキングへ

[ 2008/06/18 11:06 ] パン業界 | TB(0) | CM(2)

値上げも困りますが今のバターみたく
入手不能になったらどうしよう・・・
小麦も自給自足?
困った世の中ですね
[ 2008/06/22 20:03 ] [ 編集 ]

みいさん♪

バター不足のひとつの原因である減乳政策が問題になっていますが、お米もまた減反政策で問題になっていますね
国がまたたくさん作って下さいと言っても、生産者はでは明日から出荷を増やしましょうと簡単に言う訳になりませんからね
国にはちゃんと将来を見通して政策を打ち出してもらいたいですね。。。と素人考え

最近は自家製の小麦粉を使うお店もポチポチ出てきたので、畑を借りて作ってみるのも面白いかも知れませんよ(笑)
[ 2008/06/24 17:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bakerybakery.blog92.fc2.com/tb.php/239-598b2e1b






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。