スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フランスパン作りに必要な小麦粉からインスタントドライイースト、モルトパウダー、ゲランドの塩、クープナイフに至るまで購入可能な↓ お菓子材料の店【クオカ】(手作りパン応援サイト【ベイキングデイズ】)
☆ブログランキングに参加中。クリックの応援お願いします☆
FC2ブログランキングへFC2ブログランキングへ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ビスコッティ 


DSC02603.jpg

作ってみたいと思いながらもなかなか作れなかったビスコッティ

やっと作る事が出来ました♪

薄力粉にはグーデリエールを使って

このグーデリエールという粉は、『粗めに製粉することで「小麦本来」の風味を引き出しています』と言う事ですが、食べ比べてみないとわからないですよね(^^;

DSC02600.jpg

一度焼き上げてから薄くカットしていくのですが、と~っても固いのですね

切れ味抜群と言われるウェンガーのパンナイフが欲しくなりました


さて、自分はお菓子作りにはとんと疎いのですが、お菓子作りでも「酵素」の働きを考えたりはするのでしょうか?

この粉は他の薄力粉と比べて灰分量が高め、ということは粉の味が強く出てくると共に

酵素の働きも強いはず

作ったクッキー生地でもタルト生地でも一晩寝かせて、酵素の働きを利用してグルテンを分解してもらう事により

焼き上がりのほろほろ感が増すのではと言う素人考えがあるのですが、どうでしょうかね?

まっ、通常のクッキーとかだとバターが入ってグルテンが繋がりにくいから、あまり酵素を考える必要もないのかも知れないし。。。

ん~、この事については少し心に留めておこう


スポンサーサイト


フランスパン作りに必要な小麦粉からインスタントドライイースト、モルトパウダー、ゲランドの塩、クープナイフに至るまで購入可能な↓ お菓子材料の店【クオカ】(手作りパン応援サイト【ベイキングデイズ】)
☆ブログランキングに参加中。クリックの応援お願いします☆
FC2ブログランキングへFC2ブログランキングへ

[ 2008/08/21 15:19 ] 焼き菓子 | TB(0) | CM(2)

酵素の働きかぁ・・・
考えたこともなかったなー
この前、ハースブレットの講習を受けて
「乳酸」の働きについて教わりました
へぇ、へぇ、へぇ・・・の連発(笑)
作るだけでも楽しいですがそこら辺もまたわかるようになると
数倍、楽しいですね!
サワー種も自分で出来ちゃうんじゃないのかなぁ~なんて
錯覚をしてしまいました(笑)
↓の講習いいなー、半額だ・・・
[ 2008/08/22 17:52 ] [ 編集 ]

みいさん♪

>「乳酸」の働きについて教わりました
この辺りの話になるとパン講習と言うより
学校で理科?の授業か何かを受けてる感じでしょ?
知らない事を聞くことはとても楽しいですよね~

>サワー種も自分で出来ちゃうんじゃないのかなぁ~なんて
ホワイトサワー(ルヴァンリキッド)は何回も起こした事はあるのですが
ライ麦だけで起こしてくサワー種はまだ作った事ないんですよね~
もどきっぽいのはあるんだけど(笑)

>錯覚をしてしまいました(笑)
錯覚かどうか試してみては?
今は暑からず寒からず作り易いかも知れませんよ~
[ 2008/08/25 11:18 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bakerybakery.blog92.fc2.com/tb.php/258-6a666ade






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。