スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フランスパン作りに必要な小麦粉からインスタントドライイースト、モルトパウダー、ゲランドの塩、クープナイフに至るまで購入可能な↓ お菓子材料の店【クオカ】(手作りパン応援サイト【ベイキングデイズ】)
☆ブログランキングに参加中。クリックの応援お願いします☆
FC2ブログランキングへFC2ブログランキングへ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「ミニだけどロング缶」でレーズンブレッド 


DSC02671.jpg

先日買った、「ブランジュリタケウチどこにもないパンの考え方」

パンの本にしては珍しくレシピがひとつもありませんが、竹内シェフがどこにもない、そんなパンを作るに至った経緯やどんな思いでそのパンを組み立てていったかが綴られています

久し振りに読んでてすごく面白かった

読んでると自分も竹内シェフと同じ思いでパンを作りたくなってきます

まあ、単なるミーハーと捉えてください(笑)

さて、作りたくなったパンはスリムロングなレーズンブレッド

自由が丘WINGで買った「ミニだけどロング缶」(6.5×27×6.5センチ)があるので型はそれを採用

生地はオールインで作るスウィートロール生地、竹内シェフらしくレーズンはいっぱい!

余った生地でシュガーボール、余ったと言ってるわりには多そうな気もしますが...



受けの良いシュガーボール
DSC02672.jpg


焼き上がったばかりで冷ましてあるレーズンブレッド
DSC02675.jpg

とじ目が見えるでしょ?

本にも書いてありますが、小さいパンはパサツキやすいので高温短時間を意識して

且つ、生地は通常の比容積では物足らないので、確か3.0前後詰め込みました

思いつきで作りましたが、膨らみ具合も焼き具合もなかなかよく美味しそうに焼きあがりました


冷めてカットしたレーズンブレッド
DSC02676.jpg

スウィートロール生地はなかなか良い選択だったと思います

但し、レーズンの甘みもあるので少し砂糖は抑え気味にしています

あ~、今度は本の表紙にあるパンを自分でも焼いてみたいけど小さいキューブ型ない

「自由が丘WING」さん、どうかミニミニ50の再販をよろしくお願いします♪


スポンサーサイト


フランスパン作りに必要な小麦粉からインスタントドライイースト、モルトパウダー、ゲランドの塩、クープナイフに至るまで購入可能な↓ お菓子材料の店【クオカ】(手作りパン応援サイト【ベイキングデイズ】)
☆ブログランキングに参加中。クリックの応援お願いします☆
FC2ブログランキングへFC2ブログランキングへ

[ 2008/09/17 11:07 ] 食パン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bakerybakery.blog92.fc2.com/tb.php/270-0d0a0ec1






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。